アロマテラピーの魅力には、好きな香りをブレンドして、自分だけのお気に入りの 香りをつくれることが挙げられます。覚えておくと便利なノウハウをいくつか ピックアップしてご紹介してみましょう。まずは、目的別に選択すること。 リラックス(癒す)したいのか、肩こりや頭痛を治したいのか、切なさや悲しみ(気持ち)を緩和させたいのかなど、 目的や症状によって選ぶ精油が変わってきます。

精油は1本からでも使えますが、 2~5本をブレンドすると、より相乗効果が生まれ効きめがアップします。 また、ブレンドする場合も、3種類のノートから一つずつ精油を選ぶのがコツ。 バランスのよい香りが楽しめます。トップノートは、揮発性が高いのが特徴で、 最初に香りがするが早く消えるタイプ。フルーツやミント系のさわやかな香りです。

ミドルノートは甘さのあるフローラル系やハーブ系の香り。トップのかぐわしい香りの あとに広がってくるのが特徴的です。そして、ベースノート。樹木系・エキゾチック系の香りで、 他のノートが消えても数時間は持続し続けます。精油の香りは、柑橘系・ハーブ系・樹木系・スパイス系・樹脂系・ エキゾチック系・フローラル系の7種類の系統に分かれます。

同じ系統に好きな香り がある場合は、その中でブレンドすればOK。香りを確かめながら相性のよいものを ブレンドすれば、失敗しないはずです。





+アロマ(精油)使用時の注意書き+