アロマテラピーの歴史をたどると、紀元前4000年の古代エジプトまでさかのぼります。 当時エジプトでは香りのある芳香植物が、精神や身体的治療、料理、 ミイラを作るときの防腐剤、医療行為、香水などさまざまな用途で使われていました。

11世紀になると、精油の代表的な抽出方法である水蒸気蒸留法が確立し、 17~18世紀はまさにハーバリズム(薬草や精油を用いた療法)の黄金時代でした。 しかし、19世紀に入ると一転。西洋医学の発展の影に隠れて徐々に衰退していきます。 ハーバリズムが見直されたのは、第二次世界大戦のとき。負傷兵への治療として 用いられたのがきっかけです。

その後、マルグリッド・モーリー女史やロバートティスランドらにより、 マッサージや、精油の香りと成分を身体に取り入れました。 この試みは、こころとからだのバランスを整えることに成功。 アロマテラピーが、健康管理や美容にも効果的であることを証明しました。

現在アロマテラピーは健康や美容にとどまらず、ヨーロッパ各地では、 現代医学とともに代替医療・補完医療として幅広く使われています。 日本においては90年代に普及し始め、今後ますます注目、発展していくことと思います。





+アロマ(精油)使用時の注意書き+