アロマテラピーが心と身体に効いて、心身ともに心地よくリラックス できるのはどうしてでしょう?それは香りが、目には見えないけれど、 物質であることに起因しています。植物から抽出される精油には 芳香分子が含まれています。

これが香りの正体です。芳香分子は 酸素・水素・炭素から成り立っていて、これら三つの分子が空気中に漂い、 においを発しているためです。そして、この分子たちの組み合わせによって、 さまざまな種類の芳香が誕生し、心身にもたらす作用も香りの数だけ変わってくるわけです。 女性の身体は、女性ホルモンの変化を敏感にキャッチします。

そのため、女性特有の病気やトラブルは、ホルモンバランスの乱れが大きな 要因といわれています。そこでアロマテラピーの活用をおすすめします。 病気とは言えない微妙な症状の緩和に効果的でしょう。





+アロマ(精油)使用時の注意書き+