エキゾチックで甘く、フローラルな香り。名前の由来は「花の中の花」という意味のマレー語。神経系をリラックスさせるので、不安やパニック、怒りなどの感情をときほぐしてくれます。
気分を高揚させてくれるので不安感、自信喪失等の抑うつ症状、月経前症候群に対しても効果が期待できます。



フルーティーで甘くリンゴのような香り。ジャーマンカモミールという種類もあり、 効能はほとんど同じですが、不安や緊張、怒り、恐怖の感情をほぐして、心を深く落ち着かせてくれる優れた力があります。
不眠症にも役立ちます。鎮痛作用があるので、筋肉痛、頭痛、歯痛などを和らげ、 昔は髪のお手入れにもよく使われました。作用が穏やかなため、お子様に対しても安心して使用できます。



ハーブ調の強くさわやかな香りが、受験勉強や車の運転など精神を集中させたいときに役立ちます。 身体を温め、さまざまな器官の働きを活性化するので、冷え性や低血圧に。

また、収斂作用があるので皮膚を引き締めて、 むくみを取り去ってくれます。 筋肉も温める作用があるので、スポーツの前後のマッサージにも最適な精油です。



甘く華やかでフローラルな香り。バラの中でもダマスクローズの精油が ローズオットーと呼ばれます。心をときほぐし女性に自信を与え、 あらゆるネガティブな感情を癒す力があると考えられています。

また、肌質のスキンケアに効果的。 子宮を強壮する作用があり、ホルモン調整や血液循環の活性にも効果を発揮します。



ウッディーとフローラル、両方の香りがします。 名前のとおりバラに似た香りがします。身体全体のバランスを保ち、 気持ちを明るくします。肌に元気を与えるので、加齢対策や敏感肌のケアに良く、 デオドラント作用も優れています。また、気持ちを前向きにしてくれます。

刺激性や感作性がなく、安全に使えるので子供にも使用できるのがローズウッドの特長の1つです。



レモンとよく似た強い香りで、疲労してしまった心にエネルギーとパワーを与えてくれます。 殺菌作用があるので水虫に良く、足に汗をかきやすい方や夏は足浴して、 気分もさっぱりさせましょう。
筋肉痛にも役立つので、足の疲れや運動後のマッサージや入浴にも効果的。



とてもフレッシュな香りで、他の精油ともブレンドしやすい精油。 精神的に行きづまりを感じているときや、気持ちが混乱してしまっているときに良く、 思考をすっきりさせ集中力、記憶力を回復します。

風邪、便秘解消に役立つほか、血行不良やセルライト対策、 消毒、殺菌、防虫、防臭作用があり、つめのお手入れにも活躍します。



親しみやすいフローラルな香りで、安全性も高く、いろいろな用途で幅広く利用される万能的な精油。心をリラックスさせて疲労を回復し、神経のバランスを保ってくれます。

頭痛、偏頭痛、生理痛の緩和。肩こり、ニキビ、切り傷、やけど、日焼けなど肌のトラブルの 応急処置に役立ち、虫よけとしても使えます。



すっきりとさわやかでシャープな香り。ふさぎがちな気分のときにエネルギーを与え、 バイタリティーをわかせてくれます。 解放感も与えるので、肉体的にも精神的にも抑圧されていると感じるときにスッキリさせてくれ、リフレッシュする。

抗ウイルス、殺菌作用があり風邪や花粉症による鼻づまりの症状にも効果的。



甘くレモンに似た香りで、レモンバームとも呼ばれ中世ヨーロッパでは 「若返りの薬」として使われていました。少量しか採れないため、とれも高価です。

ショックやパニック心のバランスが崩れているとき、強い鎮静作用で心を静め、 気分が明るくなるよう働きかけます。 子宮を強壮する効能があるので、生理不順や生理痛にも効果的。



柑橘類の中でも甘い香りで、名前の由来は昔、中国の高級官僚(マンダリン)に 献上されたとのこと。他の柑橘類の精油同様、気分をスカッとリフレッシュさせて 心を明るくし、減退した食欲を刺激してくれます。 子供や老人・妊娠にも安心して使えるやさしい作用の精油。



甘いバニラの香りで、この精油を使ってのマッサージは、とてもリラックスできます。 鎮静作用があり、緊張とストレスを緩和して気持ちを和らげてくれます。 逆に神経を集中させたいときの使用は避けましょう。

乾燥肌のお手入れにもよく、とくにしもやけやあかぎれ、トラブル肌には効果を発揮します。 効果があります。



柑橘類の中でもさわやかさと甘い香りをあわせ持つ精油。 名前は北イタリアの小都市ベルガモにちなみ、気分を高揚させたいときによく使われます。

菌に対する効果が高く、消化器系にもよく作用して、 機能調整、神経性腸炎などの症状を和らげてくれます。 また、泌尿器系の感染症に効果がある。



強く鋭いメントールの香り。精神的に疲れたとき、無気力なときに元気を与えてくれます。 暑いときには汗をスッと抑えてくれ、鼻づまり、乗り物酔い、眠気ざましなどに効果的。

脂性の肌や髪のお手入れにもおすすめです。虫をよせつけない精油として、生活の中で便利に使えます。 また、エッセンシャルオイルだけでなく、ハーブティーとしても効能があります。



甘くウッディーな香りでインドやアラビアではお香として用いられます。 過去の不安や強迫観念から心を平常に戻し、癒してくれます。
肺の浄化に役立つほか、加齢による肌の衰えに活力を与えるので、 若返りの精油とも呼ばれ、乾燥肌や衰え始めた肌にとくにおすすめ。



スパイシーで鋭い印象の香り。料理でおなじみのクロコショウの実からとれる精油です。 神経と心を強化して活力を与え、心と身体を温めてくれます。

筋肉の痛みやこりを和らげるので、スポーツ後の使用が効果的。 消化不良や胃もたれなどの症状に効果を発揮するので、食欲アップにも効き目があります。



ウッディーとフローラルの両方が感じられる清涼感のある香り。 同じオレンジの花から採れるネロリと似た作用を持ちますが、葉と小枝から抽出する この精油のほうが手頃です。

感情が落ち込んでいるときなどに自信をもたせてくれます。 ストレスからくるおなかの不調や神経性胃炎におすすめです。 また、不眠症やニキビ、吹き出物に効果的です。



ほんのりスパイシーな香りで、逆境のときに力と勇気を与える精油と言われています。 イタリアンの食材として使われるフェンネルとは別ものです。

優れた浄化作用で飲みすぎ、食べすぎに力を発揮し、二日酔い、または吐き気や便秘にも効果的です。 消化活動を元気づけてくれる効果もあります。



甘くスパイシーで、オリエンタルなムードの香り。緊張や不安を和らげ心を落ち着かせる効果がある。 肌を引きしめる作用があり、ひびわれやドライスキンのケア、肌の老化防止におすすめです。

傷や皮膚炎等の皮膚外用剤としての使用も可能です。 また、食欲を抑える効果があるとも言われています。



フローラルで甘い香り。大量のオレンジの花から、少量しか抽出されない高価な精油です。 不安や憂うつな気分を癒し、高い催眠性が、精神的な疲労からくる不眠に大いに役立ちます。

皮膚細胞の活性を助けるので、加齢対策の美肌づくりや敏感肌のケアに効果的。 不安やイライラを癒し、心身の緊張、不安にともなう抑うつ症状に効果があります。



フレッシュで強くシャープな香り。強力な殺菌消毒力をもち、日焼けや水虫、 やけどなど幅広い用途があります。
風邪、悪寒、微熱のほか、気管支炎やせきなど呼吸器系のトラブルにも効果的。



ほのかにバラの香りを含んだ甘い香り。不安を鎮め、心のバランスを 取り戻させて、気分を明るくしてくれます。

ホルモンの働きを正常にする、肌の皮脂分泌バランスを整え、 整理痛、整理不順、更年期にも効果があります。 むくみを予防するなどの作用がある、女性にうれしい効能いっぱいの精油です



軽くスパイシーな香り。情緒を温める作用があり、不安、ストレスを 緩和して不眠症に役立ってくれます。
昔、ギリシャ人は薬草としてこの植物を使ったそうです。
生理痛やPMSにも効能を発揮し、性欲を減退させるとも言われています。



気分をリフレッシュさせるウッディーな香りで、古くから伝染病治療に役立ってきた植物。 空気を浄化し、チャレンジ精神を保つ働きがあります。また、集中力アップに効果があります。

利尿作用があるので、脚がむくみやすい方にはおすすめ。 解毒作用があるので、お酒の飲みすぎや脂っぽい食事のあとに役立ちます。



甘美な花の香りで「花の精油の女王」と呼ばれています。 精油の抽出が難しく、大変高価。 その強い香りは神経を鎮静させると同時に、自信をもたらしエネルギーを与えてくれます。

女性の気分のむら、PMS、更年期障害、泌尿器系の機能回復に効果。



甘くウッディーでエキゾチックな香り。古くから宗教儀式に用いられ、 現在は希少な木となりました。中国では漢方として使用されています。 神経の緊張と不安を和らげて気分を鎮静させる働きがあり、同時に幸福感と安定感をもたらします。

セクシーな気分を高める作用もあり、乾燥肌のスキンケアにもおすすめです。 のどの痛みやせきなどの、呼吸器系のトラブルにもお薦めです。



ウッディーですっきりとした香り、まるで森林浴をしているようです。 地中海地方でよく見かける木。 鎮静作用があるので、おしゃべりが過ぎる人、興奮している人、 イライラしてしまう人に役立ち、怒りを緩和してくれます。

激しく後悔してしまう出来事のあとにも良いでしょう。 過度の発汗を防ぐので、デオドラントにも効果的



柑橘類特有のフレッシュでさわやかな香り。気分を高揚させる効果があり、 ストレスを抱えた心を前向きな気分にさせてくれます。 利尿作用があり、脂肪の消化を高めたり、セルライトを減らすなど美容にとても役立つ精油といわれています。

肌を引きしめる作用もあり、利尿作用や消化促進作用によってダイエットにも有効。



ハーブ調の濃厚な香りで、幸福感を得られるハッピーオイルとも言われています。
神経が緊張しているとき、パニックになったとき、憂鬱なとき、この精油の リラックス効果が心を静めてくれるでしょう。 また、子宮の強壮剤として婦人科系のさまざまな症状に役立ちます。



安心感を与える、心地よい柑橘類の香り。不安や落ち込み、イライラなどがたまっているとき、 極度なストレスを抱えているときに使うと、気持ちが軽くなり、緊張がときほぐされます。
消化器系のバランスをはかるため、おなかがはるときや食欲不振、消化不良にも効果的。 子供用にもおすすめの精油です。





+アロマ(精油)使用時の注意書き+